納豆とユニバーサルデザイン


納豆のたれやからしの袋が開けにくくて困る、うまく開けられず飛び散って困ったという経験はないでしょうか。


加齢などにより指の力が弱くなっている高齢者、ケガや障害により指先などが不自由、力が入りにくい人にとってはさらに困りものです。


これを解決してくれるのがミツカンが販売している、納豆添付品用小袋「押すだけプシュッ!と」です。


https://www.mizkan.co.jp/natto/feature/pushutto/


特許技術を用い、これらの問題が解消されています(特許第6712013号)。


①切らずに押すだけで、たれやからしを出せる

②出口構造を工夫し、中身が飛び散りにくい


ことが特徴です。


そればかりでなく、


③大きな文字と矢印、配色で押す場所がわかりやすく示されている


こともポイントです。


この「押すだけプシュッ!と」は大好評で、同社の納豆売上の向上にも貢献したそうです。


ユニバーサルデザインの発想は売上向上にも貢献します。


Written by 法律事務所アイディペンデント


----

※詳細をお知りになりたい方は特許庁の開設した検索サイト

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

の「簡易検索」欄に「6712013」と入力して検索してみてください。