おもちゃとユニバーサルデザイン


6月15日、日本おもちゃ大賞2021が発表されました。


その中に「共遊玩具」部門があります。


共遊玩具とは、だれでも、目や耳が不自由でもみんなで遊べるおもちゃです。

共遊玩具の試みは30年前から始まり、現在では多くの楽しいおもちゃが生み出されています。


今年の共遊玩具部門の大賞は「ルービックキューブユニバーサルデザイン」(株式会社メガハウス バンダイナムコグループ)です。


https://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/item/3127/

色だけでなく、凹凸の形もそれぞれ違いを設けることにより、手触りを手がかりに面をそろえることができます。


目が不自由な子どもたちでも楽しめます。目が不自由か否かに関係なく、手触りだけを手がかりに面をそろえるという斬新な遊びができます。


ルービックキューブのような半世紀近い伝統をもつ製品でも、ユニバーサルデザインの観点から見なおすとさらにすばらしい製品が生まれます。