音声入力とユニバーサルデザイン



ギャローデット大学をご存じでしょうか。

アメリカ合衆国ワシントンDCにある、聴覚に障害のある方を対象にした大学です。

150年以上の歴史があります。


Googleは、同大学の協力を得て聴覚に障害のある方に向け、音声を文字に瞬時に変換してくれるアプリをリリースしています。「音声文字変換&音検知通知」というアプリです。


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.audio.hearing.visualization.accessibility.scribe&hl=ja


特筆すべき点はその変換精度の高さです。


同音異義語(たとえば「核心」「革新」「確信」)をきちんと区別して変換してくれます。


さらに目を引くのは70もの言語に対応していることです。

特に英語は、アメリカ、イギリス、オーストラリアだけでなく、インド、ケニヤ、ナイジェリア、南アフリカで話されている英語にも対応しています。


障害の有無にかかわらず、議事録作成にも、語学学習にも使えます。

Written by 法律事務所アイディペンデント