ナビアプリとユニバーサルデザイン



Googleマップやヤフーマップのような地図によるナビゲーションは広く普及し、もはや日常生活に欠かせないサービスになっています。


しかし、ユニバーサルデザインの観点からはまだ発展の余地があります。


これらのナビは、最短ルートを基本としていくつかの候補を示したり、場合によっては選択肢として雨の日に屋根の多いルートを示してくれたりします。


もちろん便利ですが、たとえば視覚に障害のある方、高齢者の方には不便なところがあります。


最短ルートであっても段差・階段が多かったり、点字ブロックがなかったりすればこれらの方には最善ルートではないからです。


この点に着目した新しい試みが始まっています。

「だれでもナビ」です。



(android版)

https://play.google.com/store

/apps/details?id=org.shiawasenomura.app.udnavi&hl=ja

(iOS版)

https://itunes.apple.com/us/app/%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%8A%E3%83%93/id1213316151?mt=8


このアプリは、まだ、神戸市にある「しあわせの村」(公益財団法人こうべ市民福祉振興協会が運営する総合福祉施設)限定の試みですが、通常のナビでも提供されている最短ルート以外に段差・階段のないルート、点字ブロックルートも検索できるようになっています。


また、だれでもトイレや、AEDといった緊急性の高い設備へのルートも即座に探せる設計になっています。

正面からユニバーサルデザインに取り組んだナビは先進的です。


このようなナビが駅や空港、公共施設周辺でも使えるようになれば、たとえ障害者でなくても、重たい荷物を持っているとき、怪我をしているとき、体調の悪いときなど便利に使うことができます。


まさに障害者の「困った」をみんなの「よかった!」に変えてくれる可能性

を秘めたアプリです。