キャリーケースとユニバーサルデザイン


旅行や出張などの際、重たいキャリーケースを運びながら移動するのは一苦労です。これは足が不自由な方、高齢者の方にはもっと深刻な問題です。

この問題を解決してくれる理想的なキャリーケースがあります。株式会社スワニーが開発した「SWANY」シリーズです。


通常のキャリーケースは、体の後方で引いて歩くことが多いですが、SWANYシリーズは、湾曲ハンドルなどの特許を取得した技術により、体の横で押し

て歩けます。その結果、歩行中、キャリーケースが体を支えてくれます。移動がとても楽になります。





普通は重くて引っ張らなくてはいけない荷物が、逆に自分の体を支えてくれるようになるという画期的な製品です。


このSWANYシリーズは、足が不自由で歩行に困難を感じていた方が開発されたものですが、実際に使ってみると、歩行が困難か否かに関係なくとても便利です。


重たいキャリーケースを引いて駅や空港を右往左往しなくてもよくなりますし、駅のホームで電車を待っていたり、空港の手荷物受取所などで立ち止まったりしている際にも、体重を預けて体を休めることもできるからです。


個人的には従来のキャリーケースは自分の体の後方にあるため他の人にぶつかるなど迷惑をかけないか心配だったのですが、このキャリーケースは体の横にあるため、そのような問題がないのもうれしいポイントです。


ユニバーサルデザインの発想がすべての人々に役に立つ画期的な製品を生み出すことの好例だと思います。